FC2ブログ

PayPay、オッケー?

Date:2019-07-31(Tue)
20190730160535b7f.jpg

昨日は福島から滋賀へ。約700キロの車旅。夏休みで家族連れも多い。気がつくと中国人はPayPayでの買い物も目立つ。

時代の速さ速さお年寄りにはきつい。スマホは、デジタルカメラ、音楽プレーヤー、カーナビ、ゲーム機など、さまざまなモノの機能を吸収してきた。それがさらに、「決済」という機能を吸収し、誰にも欠かせない存在になろうとしている。

とはいえ、日本はキャッシュレス決済後進国。経済産業省「キャッシュレス・ビジョン」によると、日本のキャッシュレス決済比率は2割にも満たない。
隣の韓国が9割、アメリカが5割と比べると、比べ物にならない。

国はこれを2025年に40%、将来的には80%まで引き上げようとしている。訪日外国人旅行者が増加する中、2020年の東京オリンピック、さらには2025年の大阪・関西万博に向けて、ストレスなく観光してもらうためにも、キャッシュレス決済を浸透させるとしている。

キャッシュレス社会が浸透すると、消費ハードルを下げたことによる消費拡大はもちろん、事務効率化を通した事務コストのカット、時間の節約、少子高齢化による人手不足の改善、紙の削減を通じてエコロジカルな社会の実現などメリットは大きい。

そのためにはまず国内への普及ということでしょう。2019年には給与をスマホ決済アプリに振り込めるようにする予定。また、10月の消費税増税後には、キャッシュレス決済でのポイント還元(最大5%)が検討されている。

結論から言って、高齢者もこの流れに沿ってスマホ決済を取り入れるのが懸命だが、もう少し、様子をみてからでも、そんな雰囲気だ。


2019.07.31 | | 日記



庶民には遠くなるウナギ

Date:2019-07-30(Tue)

20190728071456f0e.jpgある福島県の鰻店で

いま、福島県南相馬市にいる。この暑さ、バテバテになる。めったに食べない鰻を。そんな気分だ。

昭和30年代、我が家の食卓は丸テーブルの折り畳み式。テーブルの下には猫がお下がりを待つ。典型的な昭和の時代の食卓風景だ。

夏休みのこの時期、親父の散歩に付き合った。コースは3時間、四国の高松、夕食のうなぎを、川うなぎ専門店でさばいてもらって、家族で蒲焼きで夕食を囲む。

ささやかな家族団らんの風景だ。古い話だが、映画監督小津安二郎の作品「東京物語」の食卓シーンを思い出す世界だ。

ホームドラマというか、随所に食事のシーンがある。

ところで、ニホンウナギの稚魚シラスウナギの国内漁獲量は今期、統計のある2003年以来、過去最低だった。

実際の漁獲場所が分からず密輸を指摘される香港産が、今期に国内の養殖池に入った量の75%を占める。日本のウナギの流通は不透明な輸入品に依存しているとの報道。

一方で、こちらは朗報になるのか。人工ふ化させたニホンウナギの稚魚を民間の養殖池で成魚まで育成でき、試食会が開かれた。完全養殖商業化へ前進だが、稚魚の価格が高く、商業ベースに乗るには時間がかかる。

また、琵琶湖にいるうなぎは、放流した稚魚が育ったもので、
放流するときは20cmほどの大きさ、釣り上げられるうなぎには胴体の直径が6cm~7cmほどの4kgを超える大物もいるとか。かつては琵琶湖から海へ、海から戻って琵琶湖へ、そんな鰻がいたとか。

ある本に、小津安二郎は大みそかにウナギを食べる習慣があった。「細く長くとそばを食べるより、いっそ太く長く生きる方がよい」という理屈とか。そう思ってもウナギはそうそう食べられない。庶民には遠い存在になる。

2019.07.30 | | 日記



復興の象徴、相馬の馬追い。

Date:2019-07-29(Mon)

20190729035328212.jpg
昨日から女房と二人で福島県にいる。母方の先祖は福島の旧原ノ町(現在の南相馬市原町)。震災後、ほぼ毎年、何度かボランティアをかねて訪れた。自己完結ができるキャンピングカーはボランティアには最適な乗り物だ。

ところで、復興の象徴でもある福島県相馬地方の伝統行事、27日、28日は国の重要無形民俗文化財「相馬野馬追」が、相馬市や南相馬市で開幕。

福島の事故の爪痕が残る浪江町にも昨夏に続き本陣が立ち、大熊、双葉両町を合わせた3町の「標葉郷」から48騎が勇壮に出陣。まさに復興の象徴だ。

2日目の28日、最大の呼び物の神旗争奪戦が行われ、全国から集まった多くの人たちを魅了。

1000年以上の伝統を誇る相馬野馬追は震災と事故からの復興の象徴としても続く伝統の夏祭りで、天気にも恵まれた。

「本祭り」とされる2日目の28日は相馬地方の各地から集まったおよそ400騎の騎馬武者たちが一斉に南相馬市の雲雀ヶ原の祭場地を目指してまちを練り歩き、そして祭場地に着くと、甲冑を身にまとった騎馬武者たちが速さを競う「甲冑競馬」が行われ、背負った「旗指物」のはためく音を残しながら、力強く駆け抜けてた。

祭りの最大の呼び物の「神旗争奪戦」では、花火とともに打ち上げられた「御神旗」を一斉に奪い合い、旗を手に取った騎馬武者たちが、喜びの声をあげながら、総大将らが待つ本陣山へ駆け上がっていた。この地域の方々の祭りにかける思いは復興のシンボルでもある。

2019.07.29 | | 日記



神戸のジャズ喫茶と東北の南郷ジャズフェスティバル

20190727121030d96.jpgルイアームストロングのジャケット
Date:2019-07-28(Sun)

昨日は、私の出身母体である労組の原電総連大会で、世話になった上に、記念品まで頂いた。5期20年の節目とはいえ、ありがたい。この場をかりてあらためて感謝だ。

ところで、今日は書きためたもので勘弁。神戸のJR元町からもほんの数分、おいしそうなパン屋さんがあったり、ジャズとは無関係な誘惑も多いこの辺り。どことなくエキゾチックな匂いのする街角を西に折れたら、地下にジャズ喫茶「ジャムジャム」がある。

「ジャズ喫茶ってこんな感じだよね」っていうイメージが確かにあって、いまそのまま。

1.薄暗くて、
2.なんか古っぽくて、
3.難しい顔をlしたマスターがいて、
4.馴染みらしい(つまりはマニアっぽい)客が
5.いかにもウンチクを語りたそうな様子で
6.むつかしい顔をして音楽を聴いている…。
こんなイメージのジャズ喫茶だ。飲んではよく行った。震災後、また、復活した。

1地枚のCDを持っている。名前は知らなくてもだれもが聴いたことのある特徴的な声でお馴染みのルイ・アームストロング。

少年のころピストルを発砲し、少年院送りになったが、そこでブラスバンドのコルネットを演奏することになった。

有名な「サッチモ」というあだ名は「satchel mouth」(がま口のような口)というのをイギリス人記者が聴き間違えたとする説や、「Such a mouth!」(なんて口だ!)から来たとする説や、ダンスで日銭を稼いでいたころ、おひねりをほかの子どもに取られないように口に入れていたからとする説がある。

大ヒットした曲には「この素晴らしき世界」、「ハロー・ドーリー!」などがあり、後者はビートルズの3ヶ月間連続1位の記録をストップさせたことで有名。
彼のエンターテイナーぶりは群を抜き、音楽のほか、映画、文筆業など多彩な才能を発揮した。
「この素晴らしき世界」
ベトナム戦争への嘆きから生まれた、平和な世界への祈りを込めた歌。

昨夜は東北の八戸で南郷ジャズフェスティバルがある。もう30周年だ。誘われたが、遠い。それでも女房と聴くアームストロング、昨日から東北の南相馬にむかう。

2019.07.28 | | 日記



三方よしの精神

Date:2019-07-27(Sat)

20190726035903dff.png

「買い手良し、売り手良し、世間良し」
近江商人の戒めには「買い手良し、売り手良し、世間良し」の「三方良し」があった。「商売は世のため、他人のための奉仕にして、利益はそれらへの報酬」との考えで、経済学的にいえば「適正利潤」となる。

この対極にあるのが、もうけるためには手段を選ばずの「今だけ、金だけ、自分だけ」で、日本のものづくりへのモラルが揺らいできたのも、政治、経済や社会活動全般のモラルハザード(倫理欠落)も、その表れだ。 

少し前には、賞味期限切れ食品の使い回しや、原材料の虚偽表示が社会問題となった。最近では、自動車の性能数値の書き換えや耐震装置のずさんな検査が、日本の技術水準の誇りである信頼性を大きく損なった。政治の世界でも高い志や高潔さは陰が薄くなっている。

「今だけ、金だけ、自分だけ」のジコチュウと手弁当での災害復旧や子どもの登下校の立ち番、地域の清掃などの様々なボランティア活動は対極にあるといえよう。

地方自治体のふるさと納税もどこか、おかしい自治体モアる。。

2019.07.27 | | 日記



日本のポンペイこと、一乗谷と近江塩津港遺跡

Date:2019-07-26(Fri)
201907250628406b5.jpg12世紀の近江塩津港イメージ図

昨日、安土城考古博物館を訪ねた。日本のポンペイと呼ばれる遺跡がある。一乗谷朝倉氏遺跡だ。それと同じように、古代から中世にかけ日本海・敦賀から京への中継港として栄えた、琵琶湖最北端の塩津港(長浜市)が、小都市として活況を呈していたと、発掘調査で明らかになった。

この発掘調査は、国道8号バイパス工事に伴い、平成24年から実施されているもの。今回の調査では、12世紀ごろに造ったとみられる、船が着岸するための高さ一メートルほどの垂直護岸、幅一・二メートルの桟橋 、石を張り込んだ傾斜護岸などがみつかった。

これらの埋め立て工事は、十二世紀前半から約六十年間だけでも、七回以上繰り返され、港の施設は琵琶湖に向かって二十七メートル以上も拡張されていた。

また、出土した遺物は、京をしのぐほどの濃密さで、塩津港がいかに繁栄していたかうかがえる。琵琶湖の地震と津波で水位が上昇して水没したため遺跡の保存状態はよく、土器類だけでなく、木製品や骨角器、金属製品などが豊富にみつかった。

滋賀県の文化財保護協会は「これまで不明だった同港の姿を伝えるとともに、当時の物流、信仰、土木技術、造船技術など歴史資料が残され、海洋国日本の歴史を知る上で重要な遺跡といえる」としている。

日本海の敦賀の松原客館などみつかっていないが、当時の交易は、意外に文化、歴史の宝庫。面白い。まさに歴史ロマン。

2019.07.26 | | 日記



老人ホームの選び方

201907250408489bd.jpg
Date:2019-07-25(Thr)

梅雨が明けた。夏休みの旅行やレジャーにあれこれ思いをめぐらす季節、胸躍るような駅の名を探して、しばし時刻表に遊んでみるのも楽しい。どうせなら、遠いところへ行ってみたい。

北海道のページを開くとすぐ、「幸福駅」に始まり「昆布(こんぶ)」や「北星(ほくせい)」という駅がある。

駅の名に誘われて、そんなぜいたくな旅もある。敦賀市の愛発地区に「愛発駅(あらちえき)」に変える運動もいつか、実現してほしいものだ。


行けなくても時刻表で遊ぶのも楽しい。老人ホームでの遊び方でもある。

ここで突然、在宅での生活(介護)が困難になった時、特別にしろ有料にしろ、老人ホームに入所するという選択をされる方が多い。

入所されるご本人も、その家族も安心して任せられる老人ホームを選ばなければならない。

良い老人ホームを選ぶポイントを私なりにまとめたので参考にして下さい。

まずは百聞は一見に如かず。見学することだ。

最新の設備より、古くても清潔か、整理整頓されているかを確認。

-玄関から入った時に、事務員さんがすぐに出迎えてくれるかを確認。
-介護職員さんが自分たちの方を向いてあいさつしてくれるかを確認。
-入所者の方が置き去りになっていないかを確認。

次に介護の質
-外出や行事より、三大介護(食事、排泄、入浴)に力を入れているかを確認。
*食事は、介護職員さんが入所者の方と目線を合わせて介助しているかどうかを確認。
*排泄は、臭いとトイレのカーテンがきちんと閉めてあるかを確認。
*入浴は、個浴(1人ずつ入れる小さな家庭用の浴槽)かどうかを確認。

もちろん・・・施設見学を依頼して、「ダメ」と返事する施設は論外。


最も重要なポイントは、職員が楽しく働いていること、風通しいのいい職場、これは外見から判断するのは難しい。まずは、外部からの人がどれだけ入っているかを確認すること。

ボランティアや慰問、面会や施設見学などなど、外部からの来訪者が多い施設は本当に良い施設だと言える。

外からの刺激を絶った施設は、新しい情報も入らず、他者からの指摘もないので、古いことも悪いこともそのままという施設も意外に多い。

本人も家族にとっても一度、選択すると意外に難しい。この理由はまた後で。今日はここまで。

2019.07.25 | | 日記



「(大雨の際は)ここにいてはダメです」とストレートな表現で警告

201907240405305f1.jpg
Date:2019-07-24(Tue)

昨日は敦賀市の福井大学附属原子力工学研究所で国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構の鈴木國さんより、「目指すべきコミュニケーションのあり方-信頼関係を得るための理解活動とは?-」と題して、大型研究施設の設置にあたり、地元の皆さまに対する理解活動に取り組んでこられたご経験を踏まえ、次のような話。

〇「伝える」と「伝わる」は違う。
〇相手に伝わるようにするため心がけることは、次のとおり。
・「相手が知りたいことは何か」に留意する
・身近なものに例える、例えば放射線を納豆に例えて説明する。
・平易な言葉を使う
・伝えたい情報を欲張らない
〇伝えるために大切なのは、相手に対するリスペクトと愛情。わかりやすく伝えることは恋愛と同じ!?(信頼されなければ「Yes」と言ってもらえない!)

まったく話を変えるが、伝えるという点では、東京都江戸川区の水害ハザードマップ。地図で区の位置を示し「(大雨の際は)ここにいてはダメです」とストレートな表現で警告を発している。

区の7割は海抜ゼロメートル地帯。洪水や高潮で最悪の場合、全域が水没し、2週間以上水が引かないと想定されている。刺激的な表現は避難の必要性を住民に認識してもらうためだ。

背景には昨年7月の西日本豪雨がある。避難勧告・指示を出しても住民に危険性がうまく伝わらず、逃げ遅れるケースが相次いだ。公助には限界があると認識し、命を行政江戸川区は河川氾濫に備え、分かりやすい避難呼び掛けを用意している。氾濫が予想される3日前に「避難準備を」、2日前に「要支援者は避難を」、1日前に「直ちに区外へ」と緊急性を高める。

厄介なのが、異常事態に直面すると平静を保とうとして、自分だけは大丈夫と思い込む「正常性バイアス」が働くことだ。

日本のエネルギー政策も「なんとかなわるわ」的な正常バイアスが政府にも国民にもある。

2019.07.24 | | 日記



水戸市の弘道館と偕楽園、そして天狗党と敦賀市

20190723043012a4d.jpg水戸の弘道館内にある掛軸
Date:2019-07-23(Tue)

今日は水戸と敦賀の難しい話。

幕末維新期の世論をリードしていた水戸藩が、なぜ明治新政府に人材を送り込んでいないか。その答えは吉村昭の名作『天狗(てんぐ)争乱』(新潮文庫、大佛(おさらぎ)次郎賞受賞)などに描かれた、天狗党と諸生党の戦いによって、有為な人物がみな死んでしまったからだと説く。

百聞は一見に如かず。現地で学べることが多い。かたくなるが水戸市の弘道館(こうどうかん)は、水戸藩第9代藩主徳川斉昭が、天保12年(1841年)に開設した日本最大規模の藩校。明治維新と深いがある。

弘道館と水戸の偕楽園は、実は深いつながりがある。距離も近く、一対の施設として捉えたほうがいい。

弘道館は文武修行の場、偕楽園は心身保養の場として位置付けられ、偕楽園記の碑文には『一張一弛(いっちょういっし)』という言葉で示されている。

弓はピーンと張っていなければ役には立たないが、その力を発揮するために使わないときは弛めておく必要がある……そんな意味合いだ。ちなみに千波湖を入れての偕楽園はニューヨークのセントラルパークに続いて世界第二位の広さとか。

話を戻すと、勉強(弘道館)だけでなく休養や遊び(偕楽園)の必要性を説いている。これを明治維新の30年前に実践している。

この弘道館と水戸学(みとがく)は、密接に関係している。「愛民」「敬天愛人」といった思想、尊皇攘夷は吉田松陰や西郷隆盛をはじめとした多くの幕末の志士等に多大な感化をもたらし、明治維新の原動力となったとも言える。


ここで敦賀市と関係深い天狗党は武田耕雲斎を首領とする過激な尊皇攘夷派が登場する。一方の諸生党は水戸藩の門閥派を中心とするグループ。
両者の戦いは熾烈をきわめ、水戸周辺で敗れた天狗党は西上するものの加賀藩に投降。敦賀の鰊(にしん)蔵に糞(ふん)尿垂れ流しのまま監禁されるなど酸鼻を極める扱いを受けた後に、353人が処刑された。この事件と関係の深い彦根藩の「安政の大獄」ですら、処刑されたのは20人に満たない。

一方、明治新政府軍が優勢になると今度は諸生党が追い詰められていき、戊辰戦争のさまざまな戦場で主だったメンバーが死んでいる。

この天狗党の話は水戸でも風化し、歴史になっている。敦賀にあった、その鰊蔵の遺構が水戸にもあり、東日本大震災で一部崩れ、有志で修復されているものの、施錠され時を刻んでいる。

2019.07.23 | | 日記



水戸での研修

2019072205133837e.jpg大洗水族館のマンボウ
Date:2019-07-22(Mon)

一昨日、昨日と姉妹都市親善交歓研修で子供たち17名と水戸市を訪れている。弘道館や回天神社、そして大洗の水族館、夜は、焼きそばづくりと懇親会。

この歳で言うのもへんだが体験や交流と、メニュー豊富で頭がはち切れそうなほど、詰め込んだ。なによりも暑くない夏はもの足らないが、子供たちとの集団行動にはありがたい。熱中症も出ず、いい研修となったと思う。関係者の皆さんにはこの場を借りてお礼申し上げる。

ところで、気になるのは参議院選挙、投票率の低下が気になる。一方、有権者は大きな変化を望まなかった、ということだろう。

選挙戦で、与党の自民、公明両党は「政治の安定」を掲げ、野党の立憲民主党、国民民主党などは「まっとうな政治」や「家計第一」を訴えたが、双方とも追い風を生み出せなかったのではないか。

低調な論戦の結果、地力に勝る与党が改選議席の半数を超え、3年前とほぼ同水準。国民民主党の議席確保は予想通りといえ、私がおした候補者も当選はしたものの、釈然としない結果だった。 

2019.07.22 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

furaibo

Name : furaibo
【経歴】
1952年 四国高松市生まれ
1976年 神戸商船大学卒
1976年 日本原子力発電勤務
1999年 敦賀市議会議員5期20年
2019年 フリー
【家族】
妻、息子2人、孫3人

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター