FC2ブログ

近江八景とメタセコイヤ、白髭神社

20191130114023465.jpeg

Date:2019-11-30(Sat)

昨日、カッターレース実行委員会で小浜市阿納の民宿で忘年会を行った。民宿は安くてうまい。

ところで、昨日は滋賀県マキノ町のメタセコイヤ、高島市の近江最古の白髭神社を訪れた。いずれも滋賀県を代表する観光地だが近江八景に入っていない。

ここで近江八景は、日本の近江国(現・滋賀県)にみられる優れた風景から「八景」の様式に則って8つを選んだ風景評価(作品の場合は題目)の一つである。

石山秋月 [いしやま の しゅうげつ] = 石山寺(大津市)
勢多(瀬田)夕照 [せた の せきしょう] = 瀬田の唐橋(大津市)
粟津晴嵐 [あわづ の せいらん] = 粟津原(大津市)
矢橋帰帆 [やばせ の きはん] = 矢橋(草津市)
三井晩鐘 [みい の ばんしょう] = 三井寺(園城寺)(大津市)
唐崎夜雨 [からさき の やう] = 唐崎神社(大津市)
堅田落雁 [かたた の らくがん] = 浮御堂(大津市)
比良暮雪 [ひら の ぼせつ] = 比良山系
の8つのこと。
201911301144074f0.jpg

いずれも古くからあるものでとやかくいう筋合いのものではないがそれぞれに美しい。

2019.11.30 | | 日記



横断歩道、手をあげても危ないと思え⁉️

20191128104132473.jpg
Date:2019-11=29(Fri)

私は息子に「手を上げて、横断歩道を渡りましょう」と教えた記憶がある。ただ、自分として最近、横断歩道で、車が止まってから歩き出すようになっている。

警察庁によると、各都道府県で開かれる交通安全教室で、横断歩道で手を上げるよう指導するかどうかはばらばらだという。手を上げると車は必ず止まってくれる、と子どもたちが思い込んで安心する。それがかえって危険という指摘もある。

日本では、横断歩道で車が止まってくれない。日本自動車連盟(JAF)が8月、全国の信号のない横断歩道94カ所で行った本では、あちこちの横断歩道で道交法違反が横行しているとも言える。

それが背景にあるのか分からないが、日本の死亡事故は歩行中に起きることが多く、車対歩行者の死亡事故の7割は道路横断中に起きている。死亡事故は年々減少しているが、日本は子どもたちが横断歩道で安心して手を上げられる交通環境ではない。どこか変だ。

2019.11.29 | | 日記



尾瀬湿地を守ることと中池見湿地(敦賀市)を守ること

20191128052141c0b.jpeg尾瀬湿地
Date:2019-11-28(Thr)

尾瀬の湿原の素晴らしさは一度行けば、必ず感動し、魅了される人は多い。ただ、尾瀬は大規模な水力発電計画があり、度重なる戦争や震災で大規模な開発が難しかったこと、また、当時から尾瀬の自然は守るべきだという声が強く、政府内も二分されていたことなどがあり、計画が実現しないまま、尾瀬は1951年(昭和26年)の東京電力設立時に、前身の会社から引き継がれた。
それが、尾瀬と東京電力の出会いの始まり。現在も、尾瀬国立公園全体の約4割、特別保護地区の約7割の土地を所有している。

昭和30年代後半に、尾瀬の美しさにひかれてやってくるハイカーの数が増えるにつれて、また、当時は木道や公衆トイレなどの設備が整っていなかったため、尾瀬の自然は瞬く間に荒廃していった。

東京電力は、その頃から、一度失われた自然を守ろうと、尾瀬の“自然保護”に力を注ぐようになった。湿原を踏み荒らすことなく、人と自然が触れ合えるように、約20km(全長65km)にわたる木道を敷設したり、アヤメ平の湿原回復作業などに取り組んで、経営が苦しいなかでも年間5億程度をかけている。自然と人が共生するとはこういうことだ。民間での自然保護は東京電力だからかもしれないが、海外では事例がある。

福井県敦賀市にある中池見湿地は大阪ガスの大規模なタンク基地建設中止、そして4億円の寄付と共にビジターセンターなど、大阪ガスから受け取った。

また、ラムサール条約湿地に登録申請し2012年に登録された。中池見湿地は、市街地のほど近く、周りを山に囲まれた25ヘクタールほどの小さな湿地だが、泥炭湿地や豊か自然に恵まれているが、維持管理には年間2千万円と人の管理がいる。

尾瀬とは規模は違うがいま、中池見湿地のバリアフリーとして唯一のスロープの廃止や冬季閉鎖は、人との共生をやめたに等しいと思われる。大阪ガスから受けとるとき、ラムサール条約を申請など、金がかかると覚悟をきめたはず。中池見をどうしようとしているのか、一方で「人道のみなとムゼウム」建設、その後の運営では多額な経費が必要だ。予算や観光という視点で中池見湿地をは今後、どうしようとしているのか、疑問が残る。もっというと本末転倒とも思える措置だ。

2019.11.28 | | 日記



自治体の温浴施設で考えること。

2019112610045863f.png
Date2019-11-27(Wed)

自治体で温泉施設を設置した時期がある。温泉施設は、他の公共施設とは異なり、収益性が求められる性質を有している。

つまり、これを運営にするにあたっては、収支の赤字黒字が重要視される傾向にある。

多くの自治体の運営には管理の難しさ老朽化や多額の財政負担を伴ってきたことから、その存在意義や施策としての妥当性などに対し、抜本的な対策が議論されている。例えば、上越市や横川市など、数多い。

先日、敦賀市の大規模温浴施設「敦賀きらめき温泉 リラ・ポート」(2002年開館)を訪れてた。

ここは前事業者からの指定管理業務の引き継ぎを巡り揺れている。現事業者は17年7月、前事業者から引き継ぎを断られたまま暫定的に運営を始め、損害金も発生していると主張し、事態を重く見た市議会が今年9月、地方自治法に基づく調査特別委員会(百条委)を設置し、市に不適切な対応がなかったかなどを調査中だ。

私も市議として本年4月まで建設、運営までつぶさにみてきたものとのとしての責任のいったんがある。当日、利用された市民や従業員から今後の不安を語っていた。市民からは「できるだけ存続してほしい」との率直な声、従業員からは「将来、このまま雇用しているもらえるか心配」と切実なる声だった。

市議会の百条委員会は地方自治法に規定された運営上の問題点を指摘する重要な委員会で敦賀市側(理事者)の不適切なことを指摘する。これはこれで大事かもしれないが、毎年5000万円以上の赤字を計上する運営や老朽化が進む施設をどうするかなど、将来への肝心な議論がなされていないのではないか。

将来にわたっての市民の立場にたった設備運営や長期修繕計画など、大事なことが抜け落ちたまま百条委員会だけが先行しているように思う。

2019.11.27 | | 日記



信楽焼はしぶとい。

Date:2019-11=26(Tue)
20191125195350707.jpg
朝はNHKの連続テレビ小説「スカーレット」を見てるようになって2ヶ月がたとうとしている。

舞台は滋賀県甲賀市信楽。戸田恵梨香さん演じる主人公のきみちゃんは信楽焼の窯元で絵付けを学ぶ日々だ。信楽焼といえば何といっても狸(たぬき)のイメージが強い。歴史は意外に浅く、昭和初期に陶芸家の藤原鉄造が作ったのが最初だ。

昭和天皇が行幸した際、日の丸の小旗を持った狸が沿道にずらりと並んでいるのに感激し歌を詠んだ。これがきっかけで全国から注文が殺到し、縁起物として定着した。

先日、信楽狸を訪れてタヌキの愛くるしい姿に魅せられた。ほっこりする。店先にはタヌキが並ぶが生産のわずか4%とか。今はタイル事業4割でなんとか、続けているという。

茶具、火鉢、駅弁の土瓶、建築用タイル…と時代の荒波を越えて生き抜いた信楽焼である。とにかく信楽焼はしぶとい。

2019.11.26 | | 日記



拉致調査のため鹿児島大隅半島を訪れた。

201911250758022d7.jpg本州最南端佐多岬
201911250724083aa.jpg桜島
Date:2019-11-25(Mon)

北朝鮮に拉致された可能性を排除できない行方不明者を調査する民間団体「特定失踪者問題調査会」は23、24日、鹿鹿児島大隅半島を訪れ私も参加した。

検証は全国で行っており、14回目。大隅半島での本格的な調査は初めて。

2019.11.25 | | 日記



労働者諸君❗、と寅さん語録

20191123094916307.jpgよしみ屋の鹿児島ラーメン
Date:2019-11=24(Sun)

今日も鹿児島にいる。鹿児島といっても晩秋、寒い。旅先で一汗かいた寅さんが差し入れのおにぎりを食べながら言う。「労働者ってのは、毎日うまい飯を食ってるのかもしれねえな」。

映画「男はつらいよ」の記事が新聞にのっていた。「ただいま」というために旅にでる、そんな寅さんらしい。

おにぎりでも、ラーメンでも、もちろん「取りあえず」のビールでも、仕事でぐったりと疲れたあとに思わず口から出てくる「うまい!」はすき腹にしみて格別だろう。

…と、思える人はいい。「仕事がしんどい」うえに「職場がしんどい」という人には、味どころか食事そのものがのどを通らぬ日さえあるに違いない。

仕事のつらさを分かち合ってね、働く喜びを知る。職場の仲間ってえのは、そのためにいるんじゃねえか。「労働者諸君」-と寅さんをよく映画で言っていた。

そんなことを考えられる日々がいい。

2019.11.24 | | 日記



鹿児島ラーメンのうまさ  

20191123071344be3.jpg
Date:2019-11-23(Sat)

九州、鹿児島県鹿児島市に来ている。九州のラーメンと言えば福岡や熊本がよく知られているが、鹿児島のラーメンもとても魅。豚骨や鶏ガラなど基本となるスープや麺、トッピングなど、お店ごとに色々人それぞれの好みがあるとは思うが、自信を持っておすすめできる一杯。

鹿児島一の繁華街・天文館にある鹿児島ラーメンの名店が「くろいわラーメンの本店」ムあるトッピングもされやさしい味わいながら食べ応え満点。

鹿児島ラーメンをどこで食べようか迷った場合はぜひここで味わってみては。

夜はトンコツが薄めのふしみ屋がお勧め。

2019.11.23 | | 日記



信楽紀行

20191122042546983.jpg
Date2019-11-22(Fri)

昨日の信楽は気温零度。関西一寒かった。

信楽は車で行ってもまず信楽高原鐵道の信楽駅舎からはじめるべきだ。駅舎の中はお土産(たぬきがいっぱい)をはじめ、信楽高原鐡道の歴史等の展示もある。 駅から外へ出ると、大きな狸がお出迎え。そこからまっすぐに伸びる道をまずは信楽伝統産業会館へ。

途中、道の左右には陶器のお店が。もちろん、様々な信楽焼きを販売していますが、なんといっても圧巻は「たぬき」。狸の顔は時代とともに変わり、昔はより自然のたぬきに近く、ちょっと細面の怖い顔。今は、丸みのある、小首をかしげた愛嬌たっぷりのタヌキが主流とか。軒先にならぶタヌキの表情の違いを観察するのも楽しい。

楽伝統産業会館は、鎌倉時代のやきものから近世のものまで、ひと目でわかる信楽焼の歴史を展示するほか、企画展示も随時開催しています。観光案内の拠点として信楽の情報のみならず歴史街道各地の情報も発信しているので、散策の前に是非立ち寄りたい施設。

信楽焼たぬきその答えは、伝統産業会館からすぐ、駅からの道のつきあたりにある新宮神社の鳥居の前に立つ句碑にありました。

“幼などき 集めしからに懐かしも しがらき焼の狸をみれば”

昭和天皇が信楽を行幸された時、陛下を歓迎するのに里人だけでは寂しいので、国旗をもったタヌキの置物を道路に並べ歓迎したとか。この歌は、昭和天皇がそのタヌキを見て、幼児期にタヌキをコレクションされていたことを思い出されて歌ったもの。それが新聞などで報道され、信楽焼のタヌキが有名になったとか。

20191119183946e9c.jpg
信楽焼は日本六古窯のひとつで、その歴史は古く中世末期から壺、甕、擂鉢などの焼き物が始められ、昭和の時代には火鉢の全国シェア80%を占めていたが、タヌキの歴史は意外と新しいもの。それでも多くのタヌキに囲まれると自然と心が和む。今日はここまで。

2019.11.22 | | 日記



映画文化でのまちづくり

201911210700261ec.jpg神戸の「パルシネマしんこうえん」
Date:2019-11-21(Thr)

今日の滋賀県はメチャクチャ寒く気温も信楽では零下となった。とにかく寒い。

ところで、京都にはミニシアターとして、京都みなみ会館のほかに京都シネマや出町座がある。神戸にも新開地の映画館「パルシネマしんこうえん」がある。

娯楽性と芸術性のバランスが取れたものを上映している。上映作の選択が絶妙で、触れる機会の少ない欧米やアジアの作品もある。

なかでも新開地はかつて、関西有数の娯楽あふれる神戸の中心地だった。さまざまな理由で衰退したが、落語の定席開館など近年まちに熱気が戻ってきた。

地元の商店主やNPO関係者、住民らは、阪神・淡路大震災前後から若者たちも巻き込みつつ地域の雰囲気を変え、地道に多彩なイベントを展開してきた。「かつて」のままであることを良しとせず、未来を見据えたまちづくりを目指した成果ともいえる。

一方、映画発祥の地、京都において映画文化を守る取り組みとして「映画イノベーション」を開催が企画されている。。

京都での映画撮影やアニメーション制作など、この分野も奥が深い。

 

2019.11.21 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

furaibo

Name : furaibo
【経歴】
1952年 四国高松市生まれ
1976年 神戸商船大学卒
1976年 日本原子力発電勤務
1999年 敦賀市議会議員5期20年
2019年 フリー
【家族】
妻、息子2人、孫3人

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター