FC2ブログ

リゾート法から30年。

Date:2019-09-21(Sat)

急に涼しくなった。また、台風が心配でもある。ところで統合型リゾート施設(IR)という名前を聞くと総合保養地域整備法、通称リゾート法が成立した約30年前。これからは余暇を楽しむ時代で、観光ではなく、南仏ニースのような長期滞在型の保養地が必要で、そのための多様な施設を整備する法律。地域活性化の未来を握るとされ、日本中がリゾート狂騒曲に踊った。

第三セクターを中心に全国で惨たんたる結末が相次いだ。地方都市では第三セクター的な施設を次々に設置したが、大半が赤字で閉鎖を繰り返した。なかでも北海道夕張市は国の補助金を受け、当初はよかったが失敗し大赤字となり財政破綻を招いた。

「リゾート」という名に夢を膨らませた時代が、再び到来するのか。核がカジノという違いだけで、ホテルや劇場、ショッピングモールなど、集客施設を造るというのはスポーツ、教養、文化施設をテーマパーク周辺に設けるリゾート法の趣旨と同じでもある。

リゾート法の30年前は、バブル以降の切り札としてです全国各地でミニ開発で沸いた。駄目だった要因は、自治体にひとごとで経営という感覚がなかったことにつきる。

福井県内でも温浴施設いわゆる温泉を自治体で造ったが、5000万円を超えると赤字での運営を20年近く続けている自治体もある。普通であれば破綻を余儀なくされている施設だが、自治体ゆえに継続されている。2019092106371478e.jpg我が家の夕顔、朝になっても咲いたまま、それでも午前10時にはしぼんだ。



2019.09.21 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

furaibo

Name : furaibo
【経歴】
1952年 四国高松市生まれ
1976年 神戸商船大学卒
1976年 日本原子力発電勤務
1999年 敦賀市議会議員5期20年
2019年 フリー
【家族】
妻、息子2人、孫3人

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター