FC2ブログ

健康のためにポケモンGO

Date:2019-10-06(Sun)

ラグビー・ワールドカップ(W杯)のサモア戦勝利、ワクワクドキドキで観ると興奮する。この興奮が高齢者の認知症予防にもいいとか。

確実にいいのが高齢者の認知症予防のひとつに毎日のウオーキングの効果は大きいとか。ある医師いわく『はや歩きを20分で入れると効果は倍増』とか。もうひとつはマージャン、囲碁、将棋の勝負事もいい刺激になる。

これらを組み合わせてスマホを持って、ゲーム(アプリ)を楽しみながら散歩するのもいいとか。子供や成人もいいが意外に高齢者もいい。

近ごろ公園、街角や住宅地で、そんな光景を見掛ける。位置情報を利用し、現実の世界と同じ地図を見て冒険を重ねる。遊ぶ人が実際に歩くと主人公も移動して、物語が進む。

画面の中に映し出される公園に怪物がうろつく。少し離れた商店に城が建ち、神社には謎の洞窟が現れる。

街の中に点在する場所を一つずつ訪ねた後、歩いた数を確かめる。気付かないうちに一万歩を超えたとも。

三年前にはポケモンGOが世界中でブームを巻き起こした。ウオーキングを、より楽しめる仕掛けが次々と続く。私はdocomoだが健康アプリを配信ししている。

高齢者になると1日六千歩程度でも十分とか。挑戦が健康づくりにつながる。体に良いと分かっていても、実行に移すのは意外に難しい。

アプリもさまざまな趣向が凝らされ、やる気を引き出す。ただし、ながらスマホが原因で交通事故を招いては元も子もない。マナーを守り、好みに合ったお供と積極的に歩くことは健康の源泉。犬の散歩でもいい。単純に歩くのでもいい。さらに神社など高台へ行くのも少し負荷をかけるのが良いのか。とにかく歩こう‼️私の自戒も込めて‼️2019100601503580d.jpg

2019.10.06 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

furaibo

Name : furaibo
【経歴】
1952年 四国高松市生まれ
1976年 神戸商船大学卒
1976年 日本原子力発電勤務
1999年 敦賀市議会議員5期20年
2019年 フリー
【家族】
妻、息子2人、孫3人

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター