FC2ブログ

普通な時代から常識を超えることが当たり前の自然災害

20191014100834974.jpg
Date:2019-10-15(Tue)

この夏公開された新海誠監督の映画「天気の子」では、気候変動のため東京の街の1階あたりは水没し、人々は高層階で暮らしている。映画は広い意味のSFだが、それがSFに思えない、リアルな映像だった。

時間がたつに連れて被害の全容が明らかになってきた。あらためてご冥福とお見舞いを申し上げます。

住宅地の家々をあらうような濁流をテレビで見ながら、昨年7月の西日本豪雨を重ね合わせた。長野市穂保地区、宮城県丸森町、福島県伊達市と、次々に浸水地域が判明していく。

西日本豪雨では11府県に大雨特別警報が出されたが、今回はそれを上回る13都県に発表された。それほど広範囲で記録的な豪雨だった。

普通は秋が深まってくると海水温が下がる。ところが日本のすぐ南の海水温は27度以上あり、平年より1~2度高かったという。エネルギー源の水蒸気を多量に取り込んだ台風19号は、非常に強い勢力を保ったまま本州に近づいた。

気象庁は60年以上前の狩野川台風を引き合いに、早くから警戒を呼び掛けていた。そんな「数十年に一度」というフレーズが、毎年、いやことによると一夏に何度も発せられるようになった。当時のような情報メディアが発達してなければ、もっと大きな被害が出ていたとも誰かが語ったが、そんな話ではない。

こうなると「普通は」という言い方はもはや意味をなさない。特別が普通になってしまった。地球環境は既に過去の常識が通用しない新しい段階に突入している。

今後も来年も起こりうる自然災害ということか。




2019.10.15 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

furaibo

Name : furaibo
【経歴】
1952年 四国高松市生まれ
1976年 神戸商船大学卒
1976年 日本原子力発電勤務
1999年 敦賀市議会議員5期20年
2019年 フリー
【家族】
妻、息子2人、孫3人

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター