FC2ブログ

明智光秀が築いた福知山城、そして渥美清、美空ひばり

20191226040747fbd.jpg明智光秀が築いた福知山城
Date:2019-12-26(Thr)

昨日は京都でのボランティアを終えて時間があったので福知山に出かけた。高速で1時間程度だ。明智光秀が築いたという福知山城、由良川の川沿いにあり、氾濫を繰り返す川沿いに明智薮という堤防を築き今の福知山の街を整備した。城の天守からの眺めは光秀が土木技術にたけていることが理解できる。

また、戦国時代には珍しい税金の減税を行っている。治世はわずか3年で資料はほとんどないが、福知山での明智光秀の評価は高い。

今回の大河『麒麟がくる』で、福知山市あげての観光ブームだ。NHKの公表以来、福知山城を訪れる観光客も倍増と現代でも光秀の貢献は大きい。これは結果論かもしれないが水運の要衝、琵琶湖や由良川といった場所に城を築き、将来を見据えた流通による商魂もあったように思う。

ところで、この年末から正月にかけての映画で話題になっているのが、明日から公開される「男はつらいよ お帰り 寅さん」である。国民的シリーズの22年ぶりの新作で、50作目となる。

吉岡秀隆さん演じる寅さんのおいで大人になった満男と、後藤久美子さん演じる初恋の人・泉の再会と恋模様を中心に描く。寅さんこと故・渥美清さんは回想場面で登場し、過去の名場面が織り込まれながら展開するという。

昭和から平成の前半に大いにファンを魅了したフーテンの寅。社会の常識に縛られぬ自由な生きざまは、今の時代にどんなメッセージをくれるだろうか。

よみがえったスターといえば、昭和を代表する歌手美空ひばりさんもそうだ。今秋、NHKなどが人工知能(AI)で歌声を再現し、新曲が披露されて話題になった。生前の数十時間分の音源から「七色の声」と称された歌声を解析。表情の変化の法則性も学習させ、曲に合わせて動く立体映像で再現したとか。「AIひばり」は大みそかの紅白歌合戦でも披露される。

令和の渥美清、美空ひばり、そして翌年の明智光秀はどう表現されるか楽しみだ。

2019.12.26 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

furaibo

Name : furaibo
【経歴】
1952年 四国高松市生まれ
1976年 神戸商船大学卒
1976年 日本原子力発電勤務
1999年 敦賀市議会議員5期20年
2019年 フリー
【家族】
妻、息子2人、孫3人

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター