FC2ブログ

あいつぐ学校の廃校とその利用

201912300402014cd.jpg
Date:2019-12-30(Mon)

昨日は家族で久しぶりの妻の誕生会。家族は子どもが結婚しても孫ができても、いつまでも子どもは子どもだ❗終わるとさみしいのが普通か。

子どもの頃、学校に行きたくない日もあった。そんな気持ちで登校すると、目の前に立つ校舎は山のようにそびえ、何だか威圧されているように感じたものだ。それでも、苦あれば楽あり。学舎での出来事は懐かしい思い出だ。

巣立った学校が廃校となり、寂しい思いをする子どもや地元の人は来春も多いのではないか。子どもの世界は学校中心。学校は地域の中心でもある。思い出の建物が朽ち果てたり、解体されたりすると、寂しさはひとしおだ。

今後も増え続けるはずの空き校舎。どう活用していくのか、各自治体や地域住民は頭を悩ませている。中身は変わったとしても、地域を見守る存在でいてほしい。子どもたちの思い出が色あせないように。

2019.12.30 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

furaibo

Name : furaibo
【経歴】
1952年 四国高松市生まれ
1976年 神戸商船大学卒
1976年 日本原子力発電勤務
1999年 敦賀市議会議員5期20年
2019年 フリー
【家族】
妻、息子2人、孫3人

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター