FC2ブログ

酒に始まり酒で終わる

201912310234218d8.jpg琵琶湖の不老泉
Date:2019-12-31(Tue)

昨日は我が家の片付けに終始。今年も多くの方にお世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。

ところで「名は体を表す」という言葉がある。人や物の名前が、そのものの実体や本質を示しているという意味だ。だからこそ何かを命名する時には、さまざまな思いが込められる。

「酒米ハンドブック 改訂版」(文一総合出版)を読んでみると、「山田錦」に代表される酒米の分野も例に漏れないようだ。新潟県が育成した「五百万石」は、同県のコメ生産量が五百万石を突破したことを記念して命名された。米どころ、酒どころの誇りを感じる。

長野県が育成した「美山錦」は、コメの中心部分である心白が、美しい山の頂のようだというのが由来だ。雄大な自然の中で、清らかな水に恵まれて栽培されている稲穂の姿が目に浮かぶ。

一方、滋賀県は琵琶湖の北西、高島エリアは雪深い地域。その気候を利用して古くから酒造りを続けている蔵元がいくつもある。”萩の露“を製造している「福井弥平商店」もその一つ。甘みがあって柔らかな、比良山系の伏流水を使って、「酔うための酒ではなく、味わうための酒を」を信条に酒造りをしている。

”不老泉“を製造している「上原酒造」は、甘口・辛口だけでなく旨口(うまくち)を提唱している蔵元。昔ながらの蔵付き酵母の山廃造りで、全国で2台しか残っていないという木槽を用いた天秤しぼりを行う。3日間かけてゆっくり搾られた酒は生酒で半年以上、火入れで1年半以上、蔵熟成を経て出荷するという、手間暇かけた伝統醸造を守り続けている。「不老泉 杣の天狗(そまのてんぐ)はお薦めだ。

お酒で始まりお酒で終わる。これも風来坊の真髄だ。と年末最後の力み。

2019.12.31 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

furaibo

Name : furaibo
【経歴】
1952年 四国高松市生まれ
1976年 神戸商船大学卒
1976年 日本原子力発電勤務
1999年 敦賀市議会議員5期20年
2019年 フリー
【家族】
妻、息子2人、孫3人

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター