FC2ブログ

ついつい求めてしまうレジ袋

Date:2020-01-15(Wed)

昨夜は愛知県一宮市に用事があり、その帰り伊吹山の近くヌメリの強い泉質で「しっとりつるすべ」で有名な池田温泉に入っています。

大浴場に加え、打たせ湯、サウナや歩行浴、歩いて足裏を刺激する足つぼ快道、壷湯、ジェットバスなどバラエティに富んだ露天風呂が揃う。家族や介助者と共に体の不自由な人でも安心して入浴できる福祉の湯でもある。併設する道の駅池田温泉での買い物も魅力の一つ。昨夜ははここで休んだ❗

キャンピングカーには小さく畳んだレジ袋がストックされている。ごみ箱の内側にかぶせたり、流し台の隅に置いて野菜くずなどを入れる水切り袋に使ったりするため、なかなか捨てられない。

「レジ袋は要りますか」。最近はスーパーでこう尋ねられることが増えた。車にマイバッグを積んでいるが、忘れてレジに並ぶこともあり、レジ袋を買う羽目になる。重宝するとはいえ、賢い消費者とは言えない。

プラスチックごみの削減を目指し、7月からレジ袋の有料化が義務付けられる。スーパーと比べ、対策が遅れているコンビニなどで取り組みが加速すれば、消費者の意識も一層高まるに違いない。

衣料品店の「ユニクロ」や「ジーユー(GU)」を展開するファーストリテイリングは、紙製のレジ袋への切り替えを進め、きょうから一律1枚10円で販売する。

レジ袋の歴史は、1960年代までさかのぼるという。便利さをひたすら追い求めてきた社会の産物と言ってもいい。有料化や紙袋への転換は、環境問題を解決する処方箋の一つにすぎない。大量消費、使い捨てのライフスタイルにも見切りをつけるきっかけにしたい。

2020.01.14 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

furaibo

Name : furaibo
【経歴】
1952年 四国高松市生まれ
1976年 神戸商船大学卒
1976年 日本原子力発電勤務
1999年 敦賀市議会議員5期20年
2019年 フリー
【家族】
妻、息子2人、孫3人

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター