FC2ブログ

お盆の京都

Date:2019-08-14(Wed)

お盆の京都ははじめてだ。目に入るのはお坊さんが忙しいそうに家々を回ること。

もうひとつはスーパーに「お盆セット」という野菜セットが並ぶこと。正直、はじめて見る光景だ。

お精霊さんを「馬のように早く」ときゅうりの馬でお迎えして、「牛のようにゆっくりと」となすびの牛で帰っていただくようにと祈りをこめる精霊馬のためのきゅうりとなすび。お供えのかぼちゃやサツマイモなどが入っている。意味がよくわからなくと聞くと親切に教えてくれる。

風来坊の私にはお精霊さんをお迎えしたりお送りするという行事をしたことがなかった。

ほとんどが、墓参りで済ませていた。高松、金沢、東京と忙しく墓参りをした年もあった。精霊棚というものも見たことがなかった。
201908131143190f3.jpg

お盆に「先祖を迎えて、お送りする」という感覚が身についていない。

送る行事といえばやはり、8月16日の「五山送り火」が有名です。まるでファイアーワークイベントのように思っている人も少なくない。「大文字焼き」なんて言うと京都の人は顔をしかめるのでご注意を。五山送り火はお盆でこちらに帰ってきていたご先祖さまをお送りする行事として、各山の保存会の方が大事に守っている。また、16日以降にご報告。

京都のお盆

2019.08.14 | | 日記



お盆で京都の雰囲気も変わる。ある県立図書館の夏(昔々の思い出)

201908111500210a8.jpg
Date:2019-08-13(Tue)

お盆で京都の雰囲気も変わる。8月7日の先祖の迎え入れに始まり、8月16日の送り出しまでにさまざまな歴史ある行事が行われる。お盆最終日である8月16日に行われる「五山の送り火(大文字焼き)」

「大文字」「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」と。明日にでもその雰囲気を伝えたい。

あまりにも暑いので、書きためたもので対応させていただく。強い陽光が降り注ぎ、セミの鳴き声が響く屋外とは一転、長机が並ぶ室内はひんやりとした空気に満たされ、静けさに包まれる。

一生に一度、受験勉強らしきものをした40年近い前、高松市の県立図書館。高校生がノートを広げ、背中を丸めて懸命にペンを走らせる。快適な学習環境を提供してくれる図書館は、いつの時代でも受験生の頼もしい味方だ。

受験生にとって、夏は手ごわい。暑い中では、英文読解も二次関数の問題も到底、はかどるはずもない。県立図書館の自習室は当時、席確保の競争率が高かった。肌寒く感じるほど冷房が効き、緊張感が漂うぐらいシーンとした室内は受験生で常に満杯。ひたすら勉強に打ち込まざるを得ない雰囲気は、ついつい緩みそうになる気持ちを立て直してくれた。

残念なことに、書架に並ぶ本を手にした記憶はない。文学に目を向ける余裕が欲しかったなと、今さらながら思う。
もう、昔の話だ。

猛暑が続く。炎天下を歩いている、小さな木陰に入るだけで気分は和らぐ。とにかく暑い。台風も心配。

2019.08.13 | | 日記



古代山城ロマン

20190811080306024.jpg高島市の白髪神社の近くに古代山城がねむる。

Date:2019-08-12(Mon)

とにかく京都は暑い。考えるのも嫌になる。それでも介護施設は冷房がきいて快適だが、人の世話ほどたいへんだが、懸命に今日を生きようとする高齢者には元気をもらう。

落語の話だが、長生きしようと、たばこと酒をやめた人がいた。運動も始めた。随分、健康になったと思っていたら車にぶつかった。名人と言われた落語の五代目・古今亭志ん生が演じた「黄金餅」の枕の小話である。

人生は思うままにならない。人には持って生まれた寿命があると軽妙に説いた。先日も亜里を見た。人間より寿命がはるかに短い虫について今日という瞬間を一生懸命生きているようにみえる。

ところで、最近の城ブーム、敦賀の玄蕃尾城にも多くの人がこの夏も訪れている。中世の城ブームに加えて、幻の城ともいわれた飛鳥時代から奈良時代頃に、対朝鮮・中国の情勢に応じて西日本各地の山に築造された防衛施設の山城がある。

従来、文献に見える山城は「朝鮮式山城(ちょうせんしきやまじろ(さんじょう)、天智紀山城)」、見えない山城は「神籠石系山城(こうごいしけいやまじろ(さんじょう)、神籠石式山城)」と呼び分けられてきたが、近年の発掘調査により両者の違いが必ずしも明確でなくなりつつあり、これらをして「古代山城」として全容が明らかになってきているが謎も多い。

敦賀の松原客館や愛発の関は、まだ発見されておらず、高島市にも古代山城の三尾城も発見されていない。これらはまさに古代ロマン、暑い日は冷房で本を読んで古代ロマンに浸るのも一興。




2019.08.12 | | 日記



全国最高38、2度と瀬戸内海芸術祭

Date:2019-08-11(Sun)

昨日、昨夜、暑いのなんの。もう体がもたない。全国各地で最高気温が35度を超える猛暑日となった。京都府内の2カ所では38・6度を記録、全国で最も暑い地点となった。汗はでるわでるわ。京都がいいにのは昔ながらの銭湯が多い。。それでもサウナもついている。風呂に入って近くでビール。古都1200年の歴史の良さはこんなところにもある。
20190811014627115.jpgある京都の居酒屋

今日は、このくそ暑さから離れる。私の最も好きな風景、海水浴で訪れた女木島など瀬戸内海。子供の頃から見慣れた島々。1934年(昭和9年)、日本初の国立公園の指定を受けた瀬戸内海。

一方で経済成長時代、漁業が衰退し人口が減少し、豊島では産業廃棄物の不法投棄は市議時代、3度も訪れた。また、島々で海砂利採取による自然環境の劣化などで、その美しさが失われつつあった。
ここ瀬戸内海に浮かぶ離島などを舞台に3年に1度開かれる瀬戸内国際芸術祭が始まっている。
今後、春・夏・秋の3期間にまたがって開催される。現代アートを通じて人口減少と高齢化が進む離島の振興を図るのが狙いで、過去3回の開催では100万人前後の来場者を集めている。

ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー誌英国版が2019年に行くべき場所の世界1位に瀬戸内を選出するなど、海外ではちょっとした瀬戸内ブームの様相だ。人口減少と高齢化に歯止めがかかる兆しは見えないが、それでも居心地のいい空間だ。 

島々にアーティストの作品を点在させることによって訪れる人と地域住民との出会いを生み、そこから島の活力を取り戻そうとする試みとして、2010年からスタートしたのがこの瀬戸内国際芸術祭。
20190811015506b58.jpg高松港から女木島行きフェリー

「あつまる夏」と題された夏の開催地は、瀬戸内海に浮かぶ直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、および本州側の宇野港(岡山県)と、四国側の高松港(香川県)の周辺地域。芸術祭が終わった頃に訪れたいとゆっくりと偏屈的にキャンピングカー思っている。

2019.08.11 | | 日記



立秋だけど猛暑

Date:2019-08¯10(Sat)

2019080907392408f.jpg

早朝の自転車かウオーキングから始める。このところ朝から気温が26度を上回り、終えると汗だくになる。体が重くペースは上がらない。

連日の猛暑である。熱中症で救急搬送された人は、ここ京都でも多い。。梅雨が長引いて日照不足に悩まされていたことが遠く感じられる。

来年の今ごろは東京五輪の真っ最中だ。気がかりなのは、やはり暑さへの対処だ。熱中症を防ぐには、小まめに水分を補給し、日中は外出を控えて涼しい場所で過ごすことだが、そうも言っていられない。

甲子園では高校球児が熱戦を繰り広げている。敦賀気比も勝った。立秋を迎え、暦の上では秋である。暑中見舞いは残暑見舞いに変わった。暑さが極まるなか、秋の気配が感じられる時季でもある。日の出は遅くなってきた。

京都の日の入りは最も遅かった6月末ごろより20分余り早くなった。風の音や雲の形、虫の鳴き声など秋の気配に触れる機会も増える。とはいえ、まだまだ暑い日が続く。自らの自戒をこめて。






2019.08.10 | | 日記



琵琶湖の花火

Date:2019-08-09(Fri)

20190808172916c44.jpg琵琶湖の花火
昨日から立秋。暦の上では秋だが、京都ではまだまだ本番。連続の熱帯夜にもまいる。この歳になると猛暑にげんなりさせらる。

それでも子どもの頃、暑さに気にせず、虫捕りに夢中になった。オニヤンマやトノサマバッタ、アゲハチョウ…。もう60年近い前のことになるか。

夏の夜は遠くに出掛けなくても近所の街灯に行けば、そこに集まるカブトムシやクワガタムシを捕まえることができた。

今はどうだろう。生まれ育った高松市周辺を歩いていても、虫を追い掛ける子どもの姿をあり見掛けない。カブトムシはホームセンターなどで手に入るようになった。時代の流れかもしれないが、何だか変だ。

末広がり昨夜
8月8日は琵琶湖の花火と「猫の日」である。琵琶湖の花火は湖面とのアクセントが美しい。猫も暑さには弱い。ぐったり。

追伸
同列に扱うのは不謹慎だが、2004年8月9日午後3時半頃、美浜3号機の事故、死亡5名・重軽傷6名となった。忘れてはいけない事故だ。けたたましく何台も救急車が走り去ったのを思い出す。あらためてご冥福を祈りたい。


2019.08.09 | | 日記



子育て環境のまちづくりが進む明石市

2019080801224295e.jpg
明石市の人口推移

Date:2019-08-08(Thr)

京都は暑い。どこも暑いが、とりわけ盆地がそうさせるのか。この時期、瀬戸内も暑い。暑いが居心地がいいところには人が集まる。

今日、書きたいのは関西の若者は東京一極集中と都心回帰で人口減少が進み、このところ元気がない。

関西の中でも稀有といっていい、先日、明石市を訪れた。明石駅前の中心商店街は昭和を連想させるたたずまいだが、2016年10月からの1年間で24店が新規出店した。その中にはイタリア料理店など若い世代向けの店舗も少なくない。

商店街の来訪者は2017年2月で1日当たり約2万8,000人。2015年8月から4割以上も増えた。若いカップルや家族連れの姿が目立ち、街全体に活気が感じられる。

明石市は人口約29万8,000人。2012年まで緩やかな人口減少が続いていたが、2013年から増加に転じ、2017年8月以降、毎月のように過去最高の更新を続けて文字通りのV字回復を達成した。V字回復を支えたのは近隣からの転入者で、2013年から連続して人口の社会増を実現している。その結果、2018年4月には中核市に移行した。

明石市大明石町のJR明石駅前再開発ビルにある親子交流スペース「ハレハレ」。2017年にオープンした施設の中は連日、幼い子どもと付き添いの保護者で大にぎわいだ。 子育て環境がまちづくりと結び付いている。居心地のいい空間は、口コミで人口を増やしているとも言える。

2019.08.08 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

furaibo

Name : furaibo
【経歴】
1952年 四国高松市生まれ
1976年 神戸商船大学卒
1976年 日本原子力発電勤務
1999年 敦賀市議会議員5期20年
2019年 フリー
【家族】
妻、息子2人、孫3人

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター